fbpx

「やらないこと」を決める重要性

 

やらなきゃいけないことがたくさんありすぎる!

というサッカー少年へ、今日は「やらないことを決める」というお話したいと思います。

サッカー少年たちは、「練習しなきゃ」「宿題やらなきゃ」「他の習い事にもいかなきゃ」というように、日々やるべきことに追われた生活を送っている子が多いと思います。

ただ、その反面、「たくさん色々なことをやっているにも関わらず、成果がいまひとつ感じられない」ですとか、「忙しすぎて、振り返る時間もない」という状況に陥っていることもあるでしょう。

そこでおススメなのが、「やらないことを決める」ということです。

あれもこれもやろうとする弊害

サッカー少年たちは、向上心が高く、色々なことにチャレンジしようとする子が多いと思います。

それ自体はとても良いことですが、なんでもかんでもやろうとしすぎて、1つのことに集中できない、終わらない、ということにもつながります。

サッカー少年や親御さんたちが「やったほうがいいこと」または「やるべきこと」などを挙げるとするとこんな感じではないでしょうか。

・毎日少しでもボールを触る(リフティングの練習などをする)
・プロのサッカーの動画などを観てプレーの勉強をする
・個サルなどに行って、知らない子たちと一緒にサッカーをして経験値をあげる。
・身体を鍛えるために、毎日トレーニングする
・少しでも上手くなるために、色々なサッカースクールをかけもちする
・土日はチーム活動にすべてを費やす
・サッカーだけじゃ勉強がおろそかになるので、塾に行ったり他のならいごとをする。
・食事に気を付けて、バランスよくしっかり食べる
・成長のため、睡眠をたっぷり取る

他にも、「道具は自分ですべてきれいにする」とか、「人間性を高めるために家事を手伝う」というようなこともあるかもしれません。

ただ、この「やりたいこと・やるべきこと」というのは、基本的には「終わること」がありません。

具体的に、いつまでに何が達成されればよいのか、という明確なゴールがないため、ある意味「仕事がいつまでも終わらない」状態になってしまうのです。

自分から楽しんで色々なことに取り組める子はよいですが、そうでない子にとっては、色々とやることがありすぎるのは「苦痛」になってしまうこともあるでしょう。

「やらないこと」を決めてみる

限られた時間を有効に使って、効果を最大限に発揮するためには「やらないことを決める」という発想が大切になってきます。

例えば、
・20時以降はテレビを見ない
・1つのことをやりながら、他のことをしない
・目的の動画を見終わったら、他の動画はみない
・1日2時間以上はサッカーをしない
・ジュースやファストフードは飲まない・食べない

という感じです。

これを見て、「ストイックすぎる」とか「小学生には無理」と感じるようでしたら、おそらく大人になっても行動するのは難しいでしょう。

サッカーのプレーに例えれば、
・ポジションにこだわるのをやめる
・相手が強そうとか弱そうとか考えるのをやめる
・キーパーへのバックパスをやめる
・自分ひとりで無理やり突破しようとするのをやめる
・ボールを受ける準備ができていない味方にパスを出すのはやめる
・何も考えずに指導者の言うことを鵜呑みにするをやめる

という感じでしょうか。

「やらないことを決める」ということは、「無駄な時間をなくす」つまり「時間を有効に使う」ということです。

サッカーの練習中にぼーっとしていたり、判断や理解が苦手な子は、日常生活でも「なんとなくやることはやっているが、自分がなにをしているのかよくわからない」という状態に陥っています。

色々なことをやっていること自体に満足してしまって、それ自体が目的になってしまっている、ということです。

サッカーも、自分の生活も「シンプル」に考えるということが重要です。

この、「やらないことを決める」ということを意識すると、サッカーも生活もシンプルになります。

もし、練習のときに毎回コンビニに行ってスポーツドリンクなどを買っているのなら、すぐにやめたほうがいいです。

だいたいコンビニに入ると「あれも、これも」となって10分くらい時間を使ってしまうこともあるでしよう。

週3回サッカーをやっているとして、毎回コンビニに行くとすると、

3回 × 10分 = 30分(1週間)

30分× 4週間 = 120分(1か月)

という感じで、1か月に120分もコンビニに行っていることになります。

これで「サッカーが上手くならない」というのは当然とも言えます。

その120分を集中して練習に打ち込んでいる子と、コンビニに行っている子で差がつくのは簡単に想像ができると思います。

同じように、日常生活の中で「無駄に過ごしている時間」はたくさんあると思います。

こうしたことを考えながらサッカーをしていくことも、一流の選手になっていく上では非常に大切だと感じるのです。

「あれもこれも」の前に、「やる必要のないことはやらない」というのを先に決めてみませんか?

代表
須賀

 

PAGE TOP