fbpx

代表の須賀が千葉市の小学生にプログラミングを教えました☺

2019年1月20日(日)、早稲田ユナイテッド横浜の代表の須賀が、千葉市周辺でスポーツ振興を行う「千葉スポーツライフアクティビティーズ(CSLA)」主催の「小学生向けプログラミング体験イベント」の講師を務めました!

当日は15名の小学生が「はじめてのプログラミング」を体験しに参加してくれました。
普段、これほどの大人数に教えることがないので、緊張感がありましたが笑、小学生たちは自分で作ったキャラクターなどがプログラミングで動き出すと、とても楽しそうでした。

中には、自分で作ったキャラクターの絵が、ツボにはまりすぎて? 笑いが止まらなくなってしまう子も 笑

約1時間という短い時間でしたが、小1~小6までの男の子も女の子も、それぞれ個性的な作品を作ってくれて、こどもたちの大きな可能性を感じた1日でした。

「プログラミングをこどもに教える」ということは、日本でもあまり前例がないため、どうやったら楽しんでくれるかな? 簡単すぎるかな? 難しいかな? などと色々と試行錯誤が続きますが、2020年からは小学校で必修になるプログラミングを、少しでも好きになるきっかけにしてくれたら嬉しいですね。

最後はみんなで記念撮影。インフルエンザが流行っているのでマスクの人が多く、ちょっと怖いですが笑、普段経験できないことをさせて頂いて、とても楽しかったです!

「サッカー×プログラミング」をやってみたい人は、ぜひ早稲田ユナイテッド横浜に来てくださいね!

代表 須賀

PAGE TOP